電話やメールでは伝えきれない気持ちも、弔電をおくる事で、受け取った側には想いがより伝わってきます。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電で想いを伝える事ができる

葬儀などに参列できない場合、また四十九日、一周忌や三回忌、お盆などに弔電を送ることで、お悔やみの気持ちを伝えることができます。電報の一種です。近年では、祝電同様に、様々な弔電の形も増えてきました。プリザーブドフラワーがセットになった電報や、刺繍電報、押し花電報、また線香がセットになった電報や、漆器盆のセットの電報もあり、その種類の多さに驚きました。

種類も増えたことで、選択肢が増え、より故人への想いを伝えやすくなったように思います。メールや電話ではなかなか伝えきれない気持ちも、電報をおくることで、受け取った側には、その人の想いがより伝わってくると思います。弔電には、そういう素晴らしさがあります。古くから大切にされてきた習慣です。

これからも、どんなに便利な手段があっても、電報の良さは伝えられ続けてほしいなあと思います。気持ちがよく伝わってきます。注文方法は、電話やインターネットから申し込みが出来るので、とても簡単です。即日配達で安心です。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.