事情によって告別式などに参列できないときご遺族に対して弔意を示すため電報でお悔やみを送ることを弔電といいます。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電とはなにかについて

何らかの事情によってお通夜や告別式に参列できない場合にご遺族などに対して弔意を示すために電報でお悔やみの言葉を送ることを弔電といいます。このように訃報を受け、お通夜や告別式に参列できない場合はできるだけ早くにお悔やみの言葉、電報を打電することが望ましいです。また、基本的には葬儀の前日までに電報が届くようにするのがよく、急な場合でも葬儀の3時間前には届くようにしましょう。

弔電というものはあくまでも形式的なものにすぎませんので、故人が生前お世話になった人や親しかった人、大切な方ならば日を改めて弔問したり、弔慰を表す手紙を送るなどしましょう。では弔電の基本的・基礎的なマナーについて紹介します。

弔電を送る際に注意しなければいけないことはたくさんありますが、まず故人の宗教に配慮することです。仏教で使う言葉、たとえば「成仏」などはキリスト教を信仰する故人であった場合は避けることが妥当です。2つ目は故人の葬儀の形式を配慮することです。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.