葬儀・告別式に都合で参列できない場合は、弔電を打って哀悼の意を表す事が習わしとなっています。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

葬儀・告別式の弔電の手配

葬儀や告別式に参列できないときに打つのが弔電と言われるものです。いまは昔のような一般葬が減り、弔電を打つ意味もなくなりつつあります。しかし、形式的なものとして、未だに一般葬に参列できない場合は弔電を打つ習慣が根強く残っています。ネットワーク環境が整っている現代、弔電はとても簡単に手配できます。電話での手配もできますが、受け付け時間が限られています。インターネットなら24時間手配してくれるので便利です。料金は、文字数や台紙の種類によって決められます。だいたい1000円から3000円以内が多いようです。

メッセージの内容は、自分で考えるのが一番気持ちが伝わりますが、誤った言葉の使い方をしないか不安なら、あらかじめ用意されている例文を使えば安心です。弔電の送付先は葬儀が行われている会場で、宛名は葬儀の主催者である喪主になります。葬儀は斎場で行われるケースが多いので、間違って自宅に送らないように注意することです。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.