参列したいのに通夜葬儀にどうしても行けない場合は弔電を打ちます。個人を偲び、台紙なども選ぶと良いでしょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

通夜、葬儀にどうしても参列できない時は弔電を

本来であればお亡くなりになった方の通夜、葬儀に参列して、ご遺族の方にお悔やみ申し上げると同時に、個人へのお別れをしたいのに出来ない場合があります。遠方であったり、どうしても外せない仕事があったりなどの理由が挙げられるでしょう。そのような場合は弔電を打ちます。弔電を送る際はお亡くなりになった連絡を受けた後、早めに送るようにします。遅くとも葬儀の前日までに届くようにすると良いでしょう。また、お届けする場所は斎場で通夜、葬儀が行われる場合は斎場に届くようにするのが一般的です。

弔電の文面は、インターネットなどに記載されている例文集などを参考にするのが無難です。急な一報を受けて送るものですから、悲しみの中にいらっしゃるご遺族の方にくれぐれも失礼のないようにする必要があります。弔電の台紙には押し花をあしらった物や美しい刺繍をあしらったものなどがあります。個人を偲び、選ばれると良いでしょう。また、弔電と一緒にお花も一緒に送れるものもあります。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.