弔電の送り方にも様々な注意事項があり、日ごろから頭に入れておくことが重要なマナー7の一つであると考えます。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の送り方・心ある態度で出席するために

不幸が起きた際に送るのが弔電です。弔電を送る際には注意しなければならないことがたくさんあります。まず、弔電とはいつ送れば良いのでしょうか。一般的には、遅くても葬儀の前までに送るのが好ましいとされています。通夜に間に合えば尚良いと思います。

また、弔電の文章にも言葉づかいに気を付けなければならないことも多数あります。例えば、重ね重ね、たびたび等の、不幸が続くことがイメージされるような言葉は使用してはいけません。さらに四・九の漢数字も不吉なイメーがありますから、使用してはいけないとされています。

予期せぬ出来事に戸惑ってしまい、さらにそれが身近な人の不幸であればなおのこと心痛を想像しますが、一番悲しいはずの故人・そして親族に対して失礼とならない様、日ごろから頭に入れておきたいマナーの一つだと考えます。そして何より、そういった悲しみにふけている親族の皆様に対し、心ある態度や身だしなみで出席するべきだと思います。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.