弔電を送る際には気を付けなければいけないことがあります。亡くなった方やご遺族を思って送るようにしましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電を送るときのマナー

弔電とは、どうしても都合がつかず、お通夜や告別式に参列できないときに、電報でお悔やみの言葉を送ることです。この、弔電を送るときにもマナーがあります。送り先に失礼がないようにしなければいけません。どういったことに気を付ければいいのか、知っている人もいると思いますが、今までに送った経験がなく、知らないという人は意外と多いかもしれません。

まず、いつ送るかですが、訃報の知らせを受けて葬儀に行けないことが分かったらなるべく早く送るのが良いでしょう。なるべく葬儀の前日までに届くように送るのがいいとされています。そして、弔電の内容ですが、使ってはいけない言葉があります。忌み言葉といいます。不幸が重なることを連想させる言葉や、直接的な「死亡」や「死去」などといった言葉は、使わないようにするのがマナーです。

弔電は、送る方もつらいですが、亡くなった方を思い、ご遺族を思いやる気持ちを持って送るようにしましょう。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.