弔電は喪主宛に送り、相手との真柄を踏まえて台紙や字体を選び、不安ならオペレーターと話せる電話で頼むと安心です。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

送る相手との関係を踏まえたうえでの弔電の送り方。

冠婚葬祭の中でも、前もって準備が出来ないのが葬儀関係です。急な葬儀に出席出来ない時など、弔電を打つ場合があります。その時に誰宛にするかで迷う場合があります。例えば友人のお母様が亡くなられたときに、喪主がお父様だった時、つい自分の友人宛にしてしまう人もいますが、本来は喪主宛に送るものです。しかし、喪主の名前が分からない場合もあります。そういった時は、個人の名前にご遺族様などとつけると良いでしょう。

また、弔電と一言でいっても、台紙も様々で送る相手との真柄を踏まえて、インターネットなどでチェックしてから頼むとスムーズです。そして、通常の電報は字体が明朝体ですが、追加料金を支払えば毛書体に変更も可能となります。

最近では、電話のほかにFAXやインターネットでも弔電を依頼することが可能となります。それぞれのライフスタイルに合わせて自分に合った方法で依頼すると良いでしょう。しかし初めてのことで不安なときは、電話でオペレーターに直接聞きながら進めていくと安心です。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.