数ある電報の中でも特に弔電は気が重くなるものですが、それでも心を込めて送れたらいいなと思います。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

気が重い弔電だからこそ心を込めて

電報を打つ機会は早々ないわけですが、とりわけその中でも弔電はさらに使う機会がないと言っても良いでしょう。めでたい席であれば、用事があるなどでどうしても参加が出来なかったとしても気持ちよくおめでとうと電報を打てるのですが、訃報の場合はそうはいきません。勢いよく文章を打ってしまって後で一人で反省することになると言うのは避けたい所です。連絡をもらったら、日程や場所などを確認して基本的には告別式などに参加できるようにすると思いますが、それでもどうしても参列が無理だと言う時には弔電も使うことになります。

電話会社などを幾つか見ていると、弔電を打つ際のマナーなども詳しく載っています。使った事がないわけではなくても、頻繁に使うわけではないのでやり方などを忘れてしまう事があります。そんな時には一通り内容を確認してから弔電を打つようにすると失礼がありません。お悔やみの気持ちを伝えるのは難しいですが、それでも心を込めて言葉を伝えてみましょう。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.