弔電のデザインが、クオリティ高いものになっていて驚きます。それぞれに意味も持つので勉強になります。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電のデザインがクオリティ高い

弔電を利用するにあたり、デザインを選んでいきます。故人を慎む思いと、心からのご冥福を祈る心をもって選ぶのですが、デザインを見ていくと、センスの良さに驚くことがあります。昔はそんなにデザインも多くなく、落ち着いた絵柄で、多くはない中から選んだこともあります。今はデザイン性も高く、種類も豊富で、床の間の掛け軸にしてもキレイなのではないか、と思える絵柄まであるのですから驚きます。白い雲とスカイブルーの空に山々が連なるイラストでは、現代的とも言えるクオリティの高さに目がいきます。

グリーンのバック木地に、一面のかすみ草が描かれたものもあり、清い心の意を持つカスミソウが、悲しみを癒すためにも使われているのだと説明がありました。センスの良いデザインも多く、でもそこには、キチンと意味があるという、深い思いも感じます。これからメッセージも選んで、自分でも多少のオリジナル文章を考えるのですが、デザイン選びに迷ってしまうのです。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.