都合で葬儀に参列できない場合、弔電を打って哀悼の意を表します。葬儀の前日までに喪主宛てに出すようにしましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

葬儀会場への弔電の打ち方

通夜や葬儀は突然行われることが多く、予期せず行われることになった場合、仕事などの都合でどうしても出席できないこともあります。友人や知人など親しくしていた人の葬儀でも、遠方でどうしても弔問に伺えないようなら、とりあえず急いで行うのが弔電を打つことです。弔電とは、遺族に対して哀悼の意を表すために打つもので、葬儀のときに披露されます。葬儀で使うため、なるべく葬儀の前日か、遅くても葬儀当日の葬儀の始まる数時間前までに打つようにします。

最近の弔電は電話だけではなくインターネットでも簡単に申込みができます。伝えたいメッセージが定型文になっていて選べるようになっているので、どんな文面で伝えようか迷ったときは定型文を使えば便利で無難です。弔電は葬儀が行われる自宅かセレモニーホールなどに、喪主の人の名前を宛名にして打電します。喪主のフルネームがわからない場合は、故人の名前に続いて「遺族ご一同様」と記しても大丈夫です。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.