弔電を打つときの説明、注意事項です。弔電を打つ場合は葬儀や告別式に遅れないように手配しましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電は喪主あてに打ちましょう

訃報を受けても、さまざまな理由があり弔問に行けない事があります。その場合は、まず弔電を打ちましょう。弔電を打つ場合は、葬儀や告別式に遅れないように手配しなければいけません。一番早く手配出来るのは、局番なしの115番に電話する事です。電話で申し込むと、弔事用の封筒で配達して貰う事が出来ます。

あて名は喪主にするのが普通です。しかし、喪主が分からない場合もあると思います。分からない時は「故〇〇様ご遺族様」として出します。夜7時までに申し込むと3時間位で先方に届きます。しかし7時以降になってしまった場合は、翌日の配達になります。

弔電を打った後、お悔やみの手紙に香典を添えて送りましょう。初七日までに届くように出しましょう。お悔やみの手紙は、ともに悲しむ気持ちで書く事が大切ですが、故人の思い出を長々と書いて、相手をまた悲しい気持ちにさせてしまうのは良くありません。慰め、励ます事を目的として、簡潔に書きましょう。そして香典を同封する事も書き添えます。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.