通夜や葬儀にどうしても参列できない場合には弔電を送ります。電話とインターネットで受付を行えます。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

通夜や葬儀に参列できない場合は弔電を送る

どうしても都合が悪かったり、遠くて行くことができない通夜や葬儀では、喪主や親族に対して弔電を送ります。通夜に間に合わなくても葬儀までには間に合うように贈る必要があります。電話で送る場合は、受付時間が決まっているので、間に合うように早めに電話をしたほうがいいです。台紙も何種類かあるので、金額が違いますが、一般的には、1000円から3000円くらいの金額になります。

文章を考えてから電話をしますが、インターネットなどで定番の弔電の文章がのっているので活用するといいです。送り先は、相手の住所と名前を調べておきますが、最近は自宅で通夜や葬儀を行わない人も増えているので、送り先が自宅でないことも多いです。そのため、どこで通夜や葬儀が行われるかも調べておいたほうがいいです。電話だけでなく、最近はインターネットで弔電を送ることが出来ます。電話と違い24時間受付をしているので、夜中に送る事もできとても便利です。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.