弔電とはお悔やみの気持ちを示して送る電報のことを言います。葬儀に参列できない場合は送るのがマナーです。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

お悔やみ電報弔電の送り方

弔電とは、親しくしていた人の葬儀・告別式に参列できない場合に、葬儀会場に送るお悔やみの伝える電報のことを言います。昔は弔電と言えばNTTのサービスでしたが、今は他にも弔電を送れる会社が出て来ています。カードや台紙の種類も沢山あり、メッセージも複数ある中から選べるようになっています。花束やキャラクターのぬいぐるみつきの電報も選べます。だいたい1,000円ぐらいの料金から受け付けている所が多いようです。電話以外でもインターネットからでも申込みができます。インターネットなら手続きも比較的簡単です。

弔電は葬儀が行われる斎場宛てに送るので、斎場の住所を事前に調べておく必要があります。弔電は必ず葬儀が始まる時間までには会場に届くように手配します。相手の都合も考えて、なるべくなら前日までには届くように手配したいものです。そのため、弔電を依頼する時には配達にどのくらいの日数がかかるのかを事前に確認することが大事です。

注目の情報

  • 神宮前矯正歯科で裏側矯正治療をしている人のブログ特集はこちら!

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.