弔電は葬儀に参列できない代わりに送るお悔やみの電報です。早めに手配して葬儀に間に合うように打電しましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

お悔やみの電報弔電とは

知人の葬儀にどうしても都合がつかなくて参列できそうにない場合は、早めに弔電をうつように手配します。弔電とは昔からある日本独特の風習の一つです。今は昔のように大きな葬儀を行う人が少なくなってきていますが、密葬や直葬などでない限り、弔電を送ってお悔やみの気持ちを示すのが今もマナーの一つとして残っています。弔電は自分で考えた文章で気持ちをこめて送るようにするのが理想的です。ただし、弔電は葬儀会場で拝読されることがあるので、あまり奇をてらったりせずに、常識的な範囲で、失礼に当たらないような文面にするようにすることも大事です。

自分で考えるのが難しい場合は、弔電を依頼するときに定型文を選べます。定型文の中から自分の気持ちに近い文面を選択すれば一番簡単です。弔電は電話からでもネットからでも申し込むことができます。ただし電話の場合は申込みの時間が限られているので、急な葬儀に間に合わせたいならネットほうが24時間申し込めるので便利です。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.