最近は弔電にもうるしや布製、線香とのセットなど様々あります。しかし哀悼の意を示すという点は、どれも同じです。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

簡素から豪華まで種類豊富な弔電

最近の弔電には、簡素なものから豪華なものまで種類が幅広くあります。身近な親戚で葬儀があった時も、複数の弔電が届いていました。哀悼の意を示すものなので、どの電報も全体に地味な色合いです。しかし中には凝った弔電もありました。分厚い台紙だと思ったら、うるし加工がなされたものでした。表には、黒地に菊の花があしらわれていました。台紙を開けると、挟んである文章の書かれた用紙も開くようになっています。

他にも厚みのある弔電がありました。そちらは布地の台紙でした。開くと、台紙の一部にくぼみがあり、線香が何本かセットされていました。親戚の家に届けられたのは台紙にセットされているタイプですが、箱に入った線香と電報がセットになったタイプもあるそうです。白い花と電報のセットもあり、今は弔電も種類が豊富です。共通しているのは、どんなタイプもお悔やみの気持ちを表していることです。今後さらに、新しいタイプの弔電が出るかもしれません。しかし、示される哀悼の意は変わることがないと思います。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.