弔電の打ち方をポイントをかいつまんでまとめた説明文です。受付、料金、宛名差出人、内容について書いています。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の打ち方をポイントをかいつまんでまとめた説明文

訃報というのは突然のものです。生前お世話になった方、親しくしてくださった方の葬儀には出来るだけ参加したいものですが、突然のことでそれがかなわない場合もあります。その場合は弔電を出すのが好ましいでしょう。哀悼の意を表します。遺族の方への挨拶や励ましにもなります。

ここでは弔電の基本的な内容の説明です。告別式の詳細が分かり次第弔電を打ちます。受付は電話(8時から22時)とインターネット(24時間)での方法があります。NTT東日本と西日本でその文字数により単価が異なりますが、700円前後から1500円程度となります。また弔電は喪主宛(不明の場合は「故〇〇様ご遺族様」とする)、そして斎場に送ります。差出人の自分の名前の前には、故人との関係がわかるように団体名や学校名等関係性を付けるのが望ましいです。弔電の内容は文例もありますし、失礼のないよう心がけます。マナーとしては弔電を打った後、お悔やみ状を送り、後日弔問に伺います。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.