初めて弔電を送る人に向け、弔電の送り方や送るタイミング、送り先などの基礎知識を御紹介します。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の送り方と基礎知識

弔電とは、なんらかの事情で、通夜や告別式に参列できない時に、喪主(あるいは親戚)に対し弔意を表すための電報を送ることです。初めて送る方にとっては、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、送り方はとてもシンプルです。

<弔電の送り方>NTTの受付時間内であれば、115番に電話するだけで申込みすることが可能です。また、時間外であっても、インターネットなら24時間受け付けていますので安心してください。<送るタイミング、場所>出来るだけ早いタイミングで送ることが好ましく、遅くとも、告別式の前日に届くように手配します。送り先は、葬儀が行われる場所(自宅、斎場など)が一般的です。申込みの際は、事前に住所を確認しておく必要があります。

弔電の文例については、雛型がいくつも用意されていますので、そちらから選ぶことが可能です。もちろんオリジナルでも問題ありませんが、NGワードなどいくつかルールがありますので、自信のない方は雛型を参考にすることをおすすめします。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.