故人への哀悼の念と遺族へのお悔やみの言葉を投げかける弔電では、どの様な言葉で気持ちを表す事が適切なのか。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電で語りかける適切な言葉

厳粛に執り行われる葬儀の場で、故人への哀悼の念と遺族へのお悔やみの言葉を述べる事となる弔電は、短い言葉で確実に自分の気持ちを伝える必要が有ると共に、故人と遺族に対して、失礼となる言葉は絶対に避けなければなりません。この様に厳粛な場で語り掛けるのに適した言葉はどの様なものなのでしょうか。

故人に対しては、生前の人柄やお世話になった事例、そしてどんなに感謝しているのかを自分の言葉で語り掛ける事が大切であると思いますが、自分の気持ちを切々と述べていたのでは、とんでもなく長い文書となってしまい、伝えたい事柄が呆けてしまう事にもなりかねません。遺族に対しても、故人がどんなに尊敬され、素晴らしい人柄であったのかを伝えたいと思っても、長過ぎる文書では、不適切となってしまいます。

弔電を送る場合の適切な言葉とは、故人に対しても遺族に対しても、自分が伝えたい気持ちを確実に伝えられる言葉を、出来る限り短い言葉に治して変えて表現する事が大事なのです。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.