お悔みの言葉を伝える弔電は、文字数や台紙の種類などで価格が変わります。定型文もあり、簡単に申し込みが可能です。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の送り方について

弔電は、一言でいえば弔事に際して打つ電報です。知人などに不幸があり、通夜や葬儀、告別式に出席できない場合に利用します。お悔みの言葉を伝えられることはもちろん、届いたものをいくつか葬儀中に紹介する場合もあります。

弔電は送る文字数によっても料金が変わってきます。またベーシックなものから、押し花などが付いたものまで様々の台紙の種類によっても価格が変わります。不幸を連想させる言葉や、「また」や「再び」といった重なることを意味する言葉は忌み言葉とされ、使用は控えます。こういった決まり事があり、皆が送り慣れているものではないので、いくつか定型文も用意されています。もちろん自由に文面を決めることもできます。宛名は喪主か、喪主が不明な場合には故人のフルネームに「ご遺族様」とつけて送ります。葬儀を営む斎場や、自宅で営む場合には喪家を宛先とします。

弔電のサービスは郵便、電話関係の各社などで提供されています。電話一本で申し込みができたり、インターネット経由で24時間対応しているところもあるようです。普段電報を利用する機会は少ないかもしれませんが、手軽に利用でき、相手にしっかりと思いを伝えることができます。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.