結婚式と違い、訃報や葬儀は突然知らされます。都合をつけれないときはマナーに気をつけ、弔電を送りましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電を送る場合と注意点

冠婚葬祭とは一言で言いますが、喜ばしく希望で溢れた結婚式とは違い、お葬式はお別れの式で、とても重苦しく、悲しみの涙に包まれます。できるならば、人生のうちでお葬式に参列しなければいけない回数は少ない方が幸せなのですが、生きれば生きるほど、自分も周囲の人も年を重ねていき、人付き合いの範囲も広くなり、お葬式に参列しなければならない回数は自然と増えるものです。あらかじめ予定の決まっている結婚式とは違い、お葬式は突然知らされます。

突然の訃報に驚き、悲しむ人も多いでしょう。もちろん葬儀に参列できるなら、参列するのが一番良いのですが、それぞれ人には事情があり、参列できない時もあるはずです。そのような時は、弔電を送って弔意を示すべきです。また、冠婚葬祭にはマナーが付き物です。マナーを調べて、失礼のないようにしなければなりません。弔電には文例なども紹介されていますが、参考にする程度で自分の気持ちを込めましょう。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.