弔電は、葬儀や告別式、法事の際に送るものです。好きな台紙やメッセージを選んで手軽に送れるので便利です。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

葬儀や法事の送る弔電

弔電というのは、亡くなられた故人を偲んで送るもので、悲しみの気持ちを表した電報のことを言います。弔電は葬儀や告別式の席で、葬儀会社のセレモニースタッフが何通か読み上げることがあります。沢山届いている場合は、2、3通だけ厳選して読み上げ、残りの弔電は送り主の名前だけを発表するケースが一般的です。弔電とは、基本的に葬儀に参列できない人が送るものですが、参列者でも弔電を打ってもマナー違反ではないそうです。

また、一周忌などの法事の際にも、喪家や斎場に弔電を打つことが出来ます。弔電は電報を取り扱っている業者に申し込みをすれば送付してもらえます。ほとんどの業者が電話かインターネットで申し込みができます。弔電の料金は、基本的に台紙の料金とメッセージ料金で成り立っています。台紙はシンプルなものなら無料で利用できます。袱紗の柄や花束の柄が入った台紙もあります。また、業者によっては花束つきの弔電や、お線香付きの弔電もあります。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.