都合がつかなくて葬儀に参列できなくても、気持ちを込めて弔電を送れば遺族も喜んでくれると思います。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

葬儀のときには弔電を打とう

弔電は、葬儀に参列できない代わりとして葬儀会場や喪家宛に送る電報の一種です。そもそも電報とは、昔通信手段が乏しかった時代に、緊急なニュースを早急に相手に伝えるために有効な手法でした。しかし、ネットワークが発達した今では、弔電も形ばかりの形式的なものになっている部分もあります。そもそも弔電を読み上げるような格式張った葬儀そのものがなくなりつつあります。しかし、首都圏でも家柄を大事にする家庭は今でもしっかりとした葬儀を出します。地方のほうでも一般葬は普通に行われています。

そうした葬儀の連絡が来て都合がつかない場合は、すぐにでも弔電を送るのがマナーです。インターネットが普及して、なんでもメールでやり取りしている時代だからこそ、電報のアナログさが新鮮に見えます。弔電も、用意された定型文ではなく、自分の気持ちを表したオリジナリティのある文面を書いて送れば、遺族にもその気持ちが伝わり、温かみのある葬儀になると思います。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.