弔電において親族を記載する時があります。お父様ではなくご尊父様など特有な記載がされるのです。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電では親族の記載に注意する

自分自身の妻のことを他人に紹介するときどのようにするでしょうか。まずは私の妻ですなどになるでしょう。もう少し砕けると私の嫁です、私の家内ですなどになるのでしょうか。紹介する相手が自分より目上でなければそういった表現でも良いのでしょうが、目上の場合には気をつけないといけないこともあります。呼ばれ方に注意をします。

知り合いのお父さんが亡くなられたとのことで弔電をうつことにしました。その知り合いのお母さん、故人の奥さんが喪主をされるそうです。文面などにはお父さん、お母さんなどの言葉を入れようとしたのですがそれは少し違うのではないかと言われました。そのようなときには少し特別な表現をすることがあるのです。

亡くなられたお父様の場合、亡くなられたご尊父様としなければいけないと言われます。妻になるとご令室様などあまり使わない呼び方が出てきます。通常の文章では使われないことが多いので、この時のマナーとして覚えておきたいです。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.