弔電はお葬式の会場にも送ることができますが、文面は用例を活用して当り障りの無い文面にしましょう。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の送る時に気を付けることは

弔電とは誰かが亡くなった場合、お葬式全般の行事に本来出席するべきことながら、出席しない、または出席できない時に、お悔やみの言葉を伝える電報のことです。送る相手先は主に喪主ですが、親族に対して贈られる場合もあるかも知れません。送り先住所は特に自宅である必要はありません。お葬式を行う各会場でも、時間内に間に合うならば、その会場に向けて弔電を送ることができます。

紙の材質やデザインなど様式は様々にあります。文面は大抵は当り障りの無い無難な文面が基本です。あまり込み入った話は避けるようにしましょう。そうした話は実際に会った場合や、または別の機会に手紙などで告げて下さい。文面が分からなければ、インターネット上には色々なケースに合わせての用例が豊富にありますので、それを活用すればそれ程困ることはないでしょう。実際の話し言葉には良く使う言葉でも、この弔電では避けた方が良い言い回しもありますので、気をつけるようにしましょう。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.