電報という通信手段の持つ重々しさやアナログな感じが、弔電という習慣を存続させる大きな要因になっています。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電の習慣は容易に消えるものではない

弔電という習慣は時代の流れと共に消えていくものだと考えられていましたが、数が少なくなったとはいえ現代でも十分に残っているのは不思議な話です。その理由として電報というものが持つイメージが大きいのではないでしょうか。現代において電報が実際的な手段となりうる場所はほぼ皆無です。仕事で電報を使う人などいないでしょうし、ちょっとした連絡などでも同様です。その理由として電話の出現により電報が面倒だとか仰々しいだとか、いわば実際的でない仰々しいイメージになってしまったことが上げられます。

しかし一方でそうしたイメージが求められる場所というものがあるわけです。その一つが卒業式や結婚式のときの祝電であり、お葬式のときの弔電というわけです。これらの儀式には現代的な軽さとはまったく異なったものが求められるし、それが電報という通信手段に活路を残したといえるでしょう。したがってこれからも電報が完全になくなることはないと言えるし、冠婚葬祭における基本的な通信手段として残り続けることでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.