弔電を打つ際、意外と知られていないマナーがいくつかあります。相手に失礼にならないための方法を御紹介します。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

必ず知っておきたい弔電のマナー

弔電を打つ際、まず第一に行うべき確認事項は「送り先の確認」です。送り先は御遺族の自宅ではなく、通夜及び告別式が行われる会場になりますので、注意したいものです。通夜及び告別式が自宅である場合は、そのまま自宅に送付しても構いませんが、別の会場で行われる際はそこへ送付し、「会場名+気付」と記載して送りましょう。できれば、通夜・告別式の前日までには、御遺族の手元に届くような形にしたいものです。

又、弔電を送付する相手は、喪主になりますので、相手の漢字フルネームを事前に確認しておくことがマナーです。特に、名前の漢字については、間違えると非常に失礼ですので、きちんと確認したいものです。もしどうしても名前がわからない場合は、「個人のフルネーム+御遺族様」と記載しておけば、きちんと手元に届きます。

又、弔電は、葬儀で読み上げられる場合もありますし、葬儀後、御遺族がお礼をしなければいけないという都合も考え、自分の名前だけは忘れずに記載しておくようにしましょう。相手方に迷惑がかからないようなマナーを忘れないようにしたいものです。

注目の情報

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.