弔電を打つ際には、受け取った御遺族の気持ちを考えた文章を作成するためのマナーを考える必要があります。

弔電で想いを伝える事ができる
弔電で想いを伝える事ができる

弔電を打つ際に気をつけたい言葉や文章

弔電では、御家族を亡くされて悲しんでいる御遺族の気持ちを考え、文章作成には細心の注意を払いたいものです。悲しみを更に助長させるような「死亡」「死去」などといった、「死」というものに対する、あからさまな言葉は控えるようにすることが大切です。又、悲しみの気持ちを、あまりにも大袈裟に綴ることもやめておいた方が良いでしょう。

又、「重ね重ね」「たびたび」「また」「再び」など、「繰り返し」を意味する言葉は、「この先、また不幸が重なる」ということを連想させるため、葬儀では好まれないので、弔電の文章では避けるように注意したいものです。

更に、宗教によっても、使ってはいけない言葉があります。仏教の葬儀では、「浮かばれない」「苦しむ」「迷う」などは、「個人が成仏できない」ということを意味するので使ってはいけません。逆にキリスト教の場合は、「成仏」を使わないようにしましょう。「仏」が入ると仏教を連想するので、キリスト教の方に対しては失礼になってしまいます。

Copyright (C)2017弔電で想いを伝える事ができる.All rights reserved.